適用される自然災害

| 未分類 |

火災保険は通常の家庭ではほぼ加入されています。偶然の失火や放火や類焼など、様々な形で火災が発生し、身近なものとなっているからです。ここで需要なのは、火災保険だからといってすべての火災に適用されるものではないということです。通常、火災保険では震災などの自然災害を原因とする火災は免責事由となっています。ですから、これら自然災害による火災被害には地震保険に加入しなければなりません。そうすれば震災を原因とする家屋の火災や損壊、噴火による火災や損壊、津波による家屋の流出などをカバーしてもらえます。実際に、阪神淡路大震災では多くの家屋が火災で焼失しましたが、大きな揺れがあってから後数時間経過してからの火災による家屋の焼失に対して火災保険を受け取ろうとしても拒否され、裁判でも認められなかった例があります。これを契機に保険に加入する人は一時的に増加しましたが、喉元を過ぎれば記憶は風化してしまいました。しかし、記憶に新しい東日本大震災では多くの家屋が津波により流されてしまいました。近い将来必ず来ると言われている、東南海地方では甚大な被害が予想されています。自然災害はいつ起こるか予測することは不可能ですので、予め保険でカバーできるように備えておく必要があります。