店舗総合保険

| 未分類 |

火災保険のうち、店舗や事務所、作業場などの施設を対象としたものが「店舗総合保険」です。店舗や事務所と住宅が併用されている、いわゆる併用住宅とよばれるものも、原則的にはこの保険への加入となります。
一般に知られている住宅火災保険などとは異なり、火災や落雷、ガス爆発、風雪・降雹、物の落下・飛来、水ぬれ、騒擾・破壊行為、盗難などの幅広い原因による被災を対象として、建物そのものへの補償のほか、建物の中にある設備・什器、商品・製品、家財などの補償が行われます。このほか、被災によって臨時に要した出費、残存物の片づけ・清掃費用、出火類焼見舞金、仮店舗の借上げ料、消火剤補充ほか損害防止のための費用などについても事故関連経費として保険金が支払われます。
また、最近では従来の保険契約では補償できなかった破損・汚損までを対象とするものや、被災した際の休業損害補償、店主や家族の個人責任賠償補償、店舗の管理上の不注意による店舗責任賠償補償などをオプション特約として付するもの、本体の保険に加えて地震保険を付帯するものなどのさまざまなタイプが販売されています。
保険料は建物の規模や構造などによる再建築価額、設備・什器の時価、オプションの有無などをもとにして積算されますので、それぞれの施設によって異なります。

火災保険のうち、店舗や事務所、作業場などの施設を対象としたものが「店舗総合保険」です。店舗や事務所と住宅が併用されている、いわゆる併用住宅とよばれるものも、原則的にはこの保険への加入となります。
一般に知られている住宅火災保険などとは異なり、火災や落雷、ガス爆発、風雪・降雹、物の落下・飛来、水ぬれ、騒擾・破壊行為、盗難などの幅広い原因による被災を対象として、建物そのものへの補償のほか、建物の中にある設備・什器、商品・製品、家財などの補償が行われます。このほか、被災によって臨時に要した出費、残存物の片づけ・清掃費用、出火類焼見舞金、仮店舗の借上げ料、消火剤補充ほか損害防止のための費用などについても事故関連経費として保険金が支払われます。
また、最近では従来の保険契約では補償できなかった破損・汚損までを対象とするものや、被災した際の休業損害補償、店主や家族の個人責任賠償補償、店舗の管理上の不注意による店舗責任賠償補償などをオプション特約として付するもの、本体の保険に加えて地震保険を付帯するものなどのさまざまなタイプが販売されています。
保険料は建物の規模や構造などによる再建築価額、設備・什器の時価、オプションの有無などをもとにして積算されますので、それぞれの施設によって異なります。

火災保険のうち、店舗や事務所、作業場などの施設を対象としたものが「店舗総合保険」です。店舗や事務所と住宅が併用されている、いわゆる併用住宅とよばれるものも、原則的にはこの保険への加入となります。
一般に知られている住宅火災保険などとは異なり、火災や落雷、ガス爆発、風雪・降雹、物の落下・飛来、水ぬれ、騒擾・破壊行為、盗難などの幅広い原因による被災を対象として、建物そのものへの補償のほか、建物の中にある設備・什器、商品・製品、家財などの補償が行われます。このほか、被災によって臨時に要した出費、残存物の片づけ・清掃費用、出火類焼見舞金、仮店舗の借上げ料、消火剤補充ほか損害防止のための費用などについても事故関連経費として保険金が支払われます。
また、最近では従来の保険契約では補償できなかった破損・汚損までを対象とするものや、被災した際の休業損害補償、店主や家族の個人責任賠償補償、店舗の管理上の不注意による店舗責任賠償補償などをオプション特約として付するもの、本体の保険に加えて地震保険を付帯するものなどのさまざまなタイプが販売されています。
保険料は建物の規模や構造などによる再建築価額、設備・什器の時価、オプションの有無などをもとにして積算されますので、それぞれの施設によって異なります。

火災保険のうち、店舗や事務所、作業場などの施設を対象としたものが「店舗総合保険」です。店舗や事務所と住宅が併用されている、いわゆる併用住宅とよばれるものも、原則的にはこの保険への加入となります。
一般に知られている住宅火災保険などとは異なり、火災や落雷、ガス爆発、風雪・降雹、物の落下・飛来、水ぬれ、騒擾・破壊行為、盗難などの幅広い原因による被災を対象として、建物そのものへの補償のほか、建物の中にある設備・什器、商品・製品、家財などの補償が行われます。このほか、被災によって臨時に要した出費、残存物の片づけ・清掃費用、出火類焼見舞金、仮店舗の借上げ料、消火剤補充ほか損害防止のための費用などについても事故関連経費として保険金が支払われます。
また、最近では従来の保険契約では補償できなかった破損・汚損までを対象とするものや、被災した際の休業損害補償、店主や家族の個人責任賠償補償、店舗の管理上の不注意による店舗責任賠償補償などをオプション特約として付するもの、本体の保険に加えて地震保険を付帯するものなどのさまざまなタイプが販売されています。
保険料は建物の規模や構造などによる再建築価額、設備・什器の時価、オプションの有無などをもとにして積算されますので、それぞれの施設によって異なります。

火災保険のうち、店舗や事務所、作業場などの施設を対象としたものが「店舗総合保険」です。店舗や事務所と住宅が併用されている、いわゆる併用住宅とよばれるものも、原則的にはこの保険への加入となります。
一般に知られている住宅火災保険などとは異なり、火災や落雷、ガス爆発、風雪・降雹、物の落下・飛来、水ぬれ、騒擾・破壊行為、盗難などの幅広い原因による被災を対象として、建物そのものへの補償のほか、建物の中にある設備・什器、商品・製品、家財などの補償が行われます。このほか、被災によって臨時に要した出費、残存物の片づけ・清掃費用、出火類焼見舞金、仮店舗の借上げ料、消火剤補充ほか損害防止のための費用などについても事故関連経費として保険金が支払われます。
また、最近では従来の保険契約では補償できなかった破損・汚損までを対象とするものや、被災した際の休業損害補償、店主や家族の個人責任賠償補償、店舗の管理上の不注意による店舗責任賠償補償などをオプション特約として付するもの、本体の保険に加えて地震保険を付帯するものなどのさまざまなタイプが販売されています。
保険料は建物の規模や構造などによる再建築価額、設備・什器の時価、オプションの有無などをもとにして積算されますので、それぞれの施設によって異なります。

火災保険のうち、店舗や事務所、作業場などの施設を対象としたものが「店舗総合保険」です。店舗や事務所と住宅が併用されている、いわゆる併用住宅とよばれるものも、原則的にはこの保険への加入となります。
一般に知られている住宅火災保険などとは異なり、火災や落雷、ガス爆発、風雪・降雹、物の落下・飛来、水ぬれ、騒擾・破壊行為、盗難などの幅広い原因による被災を対象として、建物そのものへの補償のほか、建物の中にある設備・什器、商品・製品、家財などの補償が行われます。このほか、被災によって臨時に要した出費、残存物の片づけ・清掃費用、出火類焼見舞金、仮店舗の借上げ料、消火剤補充ほか損害防止のための費用などについても事故関連経費として保険金が支払われます。
また、最近では従来の保険契約では補償できなかった破損・汚損までを対象とするものや、被災した際の休業損害補償、店主や家族の個人責任賠償補償、店舗の管理上の不注意による店舗責任賠償補償などをオプション特約として付するもの、本体の保険に加えて地震保険を付帯するものなどのさまざまなタイプが販売されています。
保険料は建物の規模や構造などによる再建築価額、設備・什器の時価、オプションの有無などをもとにして積算されますので、それぞれの施設によって異なります。

火災保険のうち、店舗や事務所、作業場などの施設を対象としたものが「店舗総合保険」です。店舗や事務所と住宅が併用されている、いわゆる併用住宅とよばれるものも、原則的にはこの保険への加入となります。
一般に知られている住宅火災保険などとは異なり、火災や落雷、ガス爆発、風雪・降雹、物の落下・飛来、水ぬれ、騒擾・破壊行為、盗難などの幅広い原因による被災を対象として、建物そのものへの補償のほか、建物の中にある設備・什器、商品・製品、家財などの補償が行われます。このほか、被災によって臨時に要した出費、残存物の片づけ・清掃費用、出火類焼見舞金、仮店舗の借上げ料、消火剤補充ほか損害防止のための費用などについても事故関連経費として保険金が支払われます。
また、最近では従来の保険契約では補償できなかった破損・汚損までを対象とするものや、被災した際の休業損害補償、店主や家族の個人責任賠償補償、店舗の管理上の不注意による店舗責任賠償補償などをオプション特約として付するもの、本体の保険に加えて地震保険を付帯するものなどのさまざまなタイプが販売されています。
保険料は建物の規模や構造などによる再建築価額、設備・什器の時価、オプションの有無などをもとにして積算されますので、それぞれの施設によって異なります。

火災保険のうち、店舗や事務所、作業場などの施設を対象としたものが「店舗総合保険」です。店舗や事務所と住宅が併用されている、いわゆる併用住宅とよばれるものも、原則的にはこの保険への加入となります。
一般に知られている住宅火災保険などとは異なり、火災や落雷、ガス爆発、風雪・降雹、物の落下・飛来、水ぬれ、騒擾・破壊行為、盗難などの幅広い原因による被災を対象として、建物そのものへの補償のほか、建物の中にある設備・什器、商品・製品、家財などの補償が行われます。このほか、被災によって臨時に要した出費、残存物の片づけ・清掃費用、出火類焼見舞金、仮店舗の借上げ料、消火剤補充ほか損害防止のための費用などについても事故関連経費として保険金が支払われます。
また、最近では従来の保険契約では補償できなかった破損・汚損までを対象とするものや、被災した際の休業損害補償、店主や家族の個人責任賠償補償、店舗の管理上の不注意による店舗責任賠償補償などをオプション特約として付するもの、本体の保険に加えて地震保険を付帯するものなどのさまざまなタイプが販売されています。
保険料は建物の規模や構造などによる再建築価額、設備・什器の時価、オプションの有無などをもとにして積算されますので、それぞれの施設によって異なります。