日本は自然災害の多い国ですが、それゆえに対策はしっかり行っておく必要があります。

自然災害はいつくるか予測が難しいものとなっていますが、大きな災害では大切な家や家財を一瞬にして失ってしまうこともあるものです。

災害は全国どこでいつ起こるかもわかりませんので、日頃の防災対策はもちろん、もしものときの保険についてもしっかり考えておくことが大切です。

東日本大震災という大きな災害を経験したこともあり、地震保険に関心を持つ人も増えています。

こういった保険にはぜひ加入しておきたいですが、地震保険は掛け金の負担も決して少なくはありません。

それゆえに加入したくてもなかなか踏み切れないというご家庭も多いのではないでしょうか。

でも、地震保険も築年数や耐震性による割引があります。

まず1981年6月1日以降に建てられ建物やそこで使われている家財については新耐震基準に合っているため、保険料は10%オフとなりますし、法律に基づく免震建築物は30%オフになります。

さらに法律に定められた耐震等級に該当していれば、その等級に応じて保険料が割り引かれることとなります。

そのほかでは新耐震基準以前の建物であっても、改修により現行の耐震基準に適合されれば、保険料はより割り引かれることとなります。日本は自然災害の多い国ですが、それゆえに対策はしっかり行っておく必要があります。

自然災害はいつくるか予測が難しいものとなっていますが、大きな災害では大切な家や家財を一瞬にして失ってしまうこともあるものです。

災害は全国どこでいつ起こるかもわかりませんので、日頃の防災対策はもちろん、もしものときの保険についてもしっかり考えておくことが大切です。

東日本大震災という大きな災害を経験したこともあり、地震保険に関心を持つ人も増えています。

こういった保険にはぜひ加入しておきたいですが、地震保険は掛け金の負担も決して少なくはありません。

それゆえに加入したくてもなかなか踏み切れないというご家庭も多いのではないでしょうか。

でも、地震保険も築年数や耐震性による割引があります。

まず1981年6月1日以降に建てられ建物やそこで使われている家財については新耐震基準に合っているため、保険料は10%オフとなりますし、法律に基づく免震建築物は30%オフになります。

さらに法律に定められた耐震等級に該当していれば、その等級に応じて保険料が割り引かれることとなります。

そのほかでは新耐震基準以前の建物であっても、改修により現行の耐震基準に適合されれば、保険料はより割り引かれることとなります。日本は自然災害の多い国ですが、それゆえに対策はしっかり行っておく必要があります。

自然災害はいつくるか予測が難しいものとなっていますが、大きな災害では大切な家や家財を一瞬にして失ってしまうこともあるものです。

災害は全国どこでいつ起こるかもわかりませんので、日頃の防災対策はもちろん、もしものときの保険についてもしっかり考えておくことが大切です。

東日本大震災という大きな災害を経験したこともあり、地震保険に関心を持つ人も増えています。

こういった保険にはぜひ加入しておきたいですが、地震保険は掛け金の負担も決して少なくはありません。

それゆえに加入したくてもなかなか踏み切れないというご家庭も多いのではないでしょうか。

でも、地震保険も築年数や耐震性による割引があります。

まず1981年6月1日以降に建てられ建物やそこで使われている家財については新耐震基準に合っているため、保険料は10%オフとなりますし、法律に基づく免震建築物は30%オフになります。

さらに法律に定められた耐震等級に該当していれば、その等級に応じて保険料が割り引かれることとなります。

そのほかでは新耐震基準以前の建物であっても、改修により現行の耐震基準に適合されれば、保険料はより割り引かれることとなります。日本は自然災害の多い国ですが、それゆえに対策はしっかり行っておく必要があります。

自然災害はいつくるか予測が難しいものとなっていますが、大きな災害では大切な家や家財を一瞬にして失ってしまうこともあるものです。

災害は全国どこでいつ起こるかもわかりませんので、日頃の防災対策はもちろん、もしものときの保険についてもしっかり考えておくことが大切です。

東日本大震災という大きな災害を経験したこともあり、地震保険に関心を持つ人も増えています。

こういった保険にはぜひ加入しておきたいですが、地震保険は掛け金の負担も決して少なくはありません。

それゆえに加入したくてもなかなか踏み切れないというご家庭も多いのではないでしょうか。

でも、地震保険も築年数や耐震性による割引があります。

まず1981年6月1日以降に建てられ建物やそこで使われている家財については新耐震基準に合っているため、保険料は10%オフとなりますし、法律に基づく免震建築物は30%オフになります。

さらに法律に定められた耐震等級に該当していれば、その等級に応じて保険料が割り引かれることとなります。

そのほかでは新耐震基準以前の建物であっても、改修により現行の耐震基準に適合されれば、保険料はより割り引かれることとなります。日本は自然災害の多い国ですが、それゆえに対策はしっかり行っておく必要があります。

自然災害はいつくるか予測が難しいものとなっていますが、大きな災害では大切な家や家財を一瞬にして失ってしまうこともあるものです。

災害は全国どこでいつ起こるかもわかりませんので、日頃の防災対策はもちろん、もしものときの保険についてもしっかり考えておくことが大切です。

東日本大震災という大きな災害を経験したこともあり、地震保険に関心を持つ人も増えています。

こういった保険にはぜひ加入しておきたいですが、地震保険は掛け金の負担も決して少なくはありません。

それゆえに加入したくてもなかなか踏み切れないというご家庭も多いのではないでしょうか。

でも、地震保険も築年数や耐震性による割引があります。

まず1981年6月1日以降に建てられ建物やそこで使われている家財については新耐震基準に合っているため、保険料は10%オフとなりますし、法律に基づく免震建築物は30%オフになります。

さらに法律に定められた耐震等級に該当していれば、その等級に応じて保険料が割り引かれることとなります。

そのほかでは新耐震基準以前の建物であっても、改修により現行の耐震基準に適合されれば、保険料はより割り引かれることとなります。日本は自然災害の多い国ですが、それゆえに対策はしっかり行っておく必要があります。

自然災害はいつくるか予測が難しいものとなっていますが、大きな災害では大切な家や家財を一瞬にして失ってしまうこともあるものです。

災害は全国どこでいつ起こるかもわかりませんので、日頃の防災対策はもちろん、もしものときの保険についてもしっかり考えておくことが大切です。

東日本大震災という大きな災害を経験したこともあり、地震保険に関心を持つ人も増えています。

こういった保険にはぜひ加入しておきたいですが、地震保険は掛け金の負担も決して少なくはありません。

それゆえに加入したくてもなかなか踏み切れないというご家庭も多いのではないでしょうか。

でも、地震保険も築年数や耐震性による割引があります。

まず1981年6月1日以降に建てられ建物やそこで使われている家財については新耐震基準に合っているため、保険料は10%オフとなりますし、法律に基づく免震建築物は30%オフになります。

さらに法律に定められた耐震等級に該当していれば、その等級に応じて保険料が割り引かれることとなります。

そのほかでは新耐震基準以前の建物であっても、改修により現行の耐震基準に適合されれば、保険料はより割り引かれることとなります。日本は自然災害の多い国ですが、それゆえに対策はしっかり行っておく必要があります。

自然災害はいつくるか予測が難しいものとなっていますが、大きな災害では大切な家や家財を一瞬にして失ってしまうこともあるものです。

災害は全国どこでいつ起こるかもわかりませんので、日頃の防災対策はもちろん、もしものときの保険についてもしっかり考えておくことが大切です。

東日本大震災という大きな災害を経験したこともあり、地震保険に関心を持つ人も増えています。

こういった保険にはぜひ加入しておきたいですが、地震保険は掛け金の負担も決して少なくはありません。

それゆえに加入したくてもなかなか踏み切れないというご家庭も多いのではないでしょうか。

でも、地震保険も築年数や耐震性による割引があります。

まず1981年6月1日以降に建てられ建物やそこで使われている家財については新耐震基準に合っているため、保険料は10%オフとなりますし、法律に基づく免震建築物は30%オフになります。

さらに法律に定められた耐震等級に該当していれば、その等級に応じて保険料が割り引かれることとなります。

そのほかでは新耐震基準以前の建物であっても、改修により現行の耐震基準に適合されれば、保険料はより割り引かれることとなります。日本は自然災害の多い国ですが、それゆえに対策はしっかり行っておく必要があります。

自然災害はいつくるか予測が難しいものとなっていますが、大きな災害では大切な家や家財を一瞬にして失ってしまうこともあるものです。

災害は全国どこでいつ起こるかもわかりませんので、日頃の防災対策はもちろん、もしものときの保険についてもしっかり考えておくことが大切です。

東日本大震災という大きな災害を経験したこともあり、地震保険に関心を持つ人も増えています。

こういった保険にはぜひ加入しておきたいですが、地震保険は掛け金の負担も決して少なくはありません。

それゆえに加入したくてもなかなか踏み切れないというご家庭も多いのではないでしょうか。

でも、地震保険も築年数や耐震性による割引があります。

まず1981年6月1日以降に建てられ建物やそこで使われている家財については新耐震基準に合っているため、保険料は10%オフとなりますし、法律に基づく免震建築物は30%オフになります。

さらに法律に定められた耐震等級に該当していれば、その等級に応じて保険料が割り引かれることとなります。

そのほかでは新耐震基準以前の建物であっても、改修により現行の耐震基準に適合されれば、保険料はより割り引かれることとなります。