地震保険の概要

| 未分類 |

地震保険に入っていますか?
先の東日本大震災を機に、この保険の重要性が見直されています。
この保険は、国と各損保会社が共同で補償を行う形となっています。
そのため、どこの保険会社で加入しても、補償の内容自体は基本的に一緒です。
この点が、保険会社によって内容が異なる火災保険とは大きく違うところです。
この保険は単独では加入できません。必ず、火災保険とセットで加入する必要があります。
現在火災保険を単独で加入している方は、ぜひ見直しをお勧めしたいところです。地震はいつ来るか分かりませんからね。
なお、この保険による補償額は、火災保険の補償額の半額と定められています。
これは、いざ地震が来ると先の震災のごとく被害が甚大となるため、できるだけ多くの人を救済するという観点から、1人あたりの補償額をある程度抑えざるを得ないという考え方に基づいています。
そのため最近では、「半額では補償が足らない」「共済の火災保険なので地震特約が少ない」等といったニーズに応えるべく、「地震補償保険」という新しいタイプの保険も生まれました。
こちらは火災保険に関係なく単独で加入できますので、興味のある方はチェックしてみると良いでしょう。地震保険に入っていますか?
先の東日本大震災を機に、この保険の重要性が見直されています。
この保険は、国と各損保会社が共同で補償を行う形となっています。
そのため、どこの保険会社で加入しても、補償の内容自体は基本的に一緒です。
この点が、保険会社によって内容が異なる火災保険とは大きく違うところです。
この保険は単独では加入できません。必ず、火災保険とセットで加入する必要があります。
現在火災保険を単独で加入している方は、ぜひ見直しをお勧めしたいところです。地震はいつ来るか分かりませんからね。
なお、この保険による補償額は、火災保険の補償額の半額と定められています。
これは、いざ地震が来ると先の震災のごとく被害が甚大となるため、できるだけ多くの人を救済するという観点から、1人あたりの補償額をある程度抑えざるを得ないという考え方に基づいています。
そのため最近では、「半額では補償が足らない」「共済の火災保険なので地震特約が少ない」等といったニーズに応えるべく、「地震補償保険」という新しいタイプの保険も生まれました。
こちらは火災保険に関係なく単独で加入できますので、興味のある方はチェックしてみると良いでしょう。地震保険に入っていますか?
先の東日本大震災を機に、この保険の重要性が見直されています。
この保険は、国と各損保会社が共同で補償を行う形となっています。
そのため、どこの保険会社で加入しても、補償の内容自体は基本的に一緒です。
この点が、保険会社によって内容が異なる火災保険とは大きく違うところです。
この保険は単独では加入できません。必ず、火災保険とセットで加入する必要があります。
現在火災保険を単独で加入している方は、ぜひ見直しをお勧めしたいところです。地震はいつ来るか分かりませんからね。
なお、この保険による補償額は、火災保険の補償額の半額と定められています。
これは、いざ地震が来ると先の震災のごとく被害が甚大となるため、できるだけ多くの人を救済するという観点から、1人あたりの補償額をある程度抑えざるを得ないという考え方に基づいています。
そのため最近では、「半額では補償が足らない」「共済の火災保険なので地震特約が少ない」等といったニーズに応えるべく、「地震補償保険」という新しいタイプの保険も生まれました。
こちらは火災保険に関係なく単独で加入できますので、興味のある方はチェックしてみると良いでしょう。地震保険に入っていますか?
先の東日本大震災を機に、この保険の重要性が見直されています。
この保険は、国と各損保会社が共同で補償を行う形となっています。
そのため、どこの保険会社で加入しても、補償の内容自体は基本的に一緒です。
この点が、保険会社によって内容が異なる火災保険とは大きく違うところです。
この保険は単独では加入できません。必ず、火災保険とセットで加入する必要があります。
現在火災保険を単独で加入している方は、ぜひ見直しをお勧めしたいところです。地震はいつ来るか分かりませんからね。
なお、この保険による補償額は、火災保険の補償額の半額と定められています。
これは、いざ地震が来ると先の震災のごとく被害が甚大となるため、できるだけ多くの人を救済するという観点から、1人あたりの補償額をある程度抑えざるを得ないという考え方に基づいています。
そのため最近では、「半額では補償が足らない」「共済の火災保険なので地震特約が少ない」等といったニーズに応えるべく、「地震補償保険」という新しいタイプの保険も生まれました。
こちらは火災保険に関係なく単独で加入できますので、興味のある方はチェックしてみると良いでしょう。地震保険に入っていますか?
先の東日本大震災を機に、この保険の重要性が見直されています。
この保険は、国と各損保会社が共同で補償を行う形となっています。
そのため、どこの保険会社で加入しても、補償の内容自体は基本的に一緒です。
この点が、保険会社によって内容が異なる火災保険とは大きく違うところです。
この保険は単独では加入できません。必ず、火災保険とセットで加入する必要があります。
現在火災保険を単独で加入している方は、ぜひ見直しをお勧めしたいところです。地震はいつ来るか分かりませんからね。
なお、この保険による補償額は、火災保険の補償額の半額と定められています。
これは、いざ地震が来ると先の震災のごとく被害が甚大となるため、できるだけ多くの人を救済するという観点から、1人あたりの補償額をある程度抑えざるを得ないという考え方に基づいています。
そのため最近では、「半額では補償が足らない」「共済の火災保険なので地震特約が少ない」等といったニーズに応えるべく、「地震補償保険」という新しいタイプの保険も生まれました。
こちらは火災保険に関係なく単独で加入できますので、興味のある方はチェックしてみると良いでしょう。地震保険に入っていますか?
先の東日本大震災を機に、この保険の重要性が見直されています。
この保険は、国と各損保会社が共同で補償を行う形となっています。
そのため、どこの保険会社で加入しても、補償の内容自体は基本的に一緒です。
この点が、保険会社によって内容が異なる火災保険とは大きく違うところです。
この保険は単独では加入できません。必ず、火災保険とセットで加入する必要があります。
現在火災保険を単独で加入している方は、ぜひ見直しをお勧めしたいところです。地震はいつ来るか分かりませんからね。
なお、この保険による補償額は、火災保険の補償額の半額と定められています。
これは、いざ地震が来ると先の震災のごとく被害が甚大となるため、できるだけ多くの人を救済するという観点から、1人あたりの補償額をある程度抑えざるを得ないという考え方に基づいています。
そのため最近では、「半額では補償が足らない」「共済の火災保険なので地震特約が少ない」等といったニーズに応えるべく、「地震補償保険」という新しいタイプの保険も生まれました。
こちらは火災保険に関係なく単独で加入できますので、興味のある方はチェックしてみると良いでしょう。地震保険に入っていますか?
先の東日本大震災を機に、この保険の重要性が見直されています。
この保険は、国と各損保会社が共同で補償を行う形となっています。
そのため、どこの保険会社で加入しても、補償の内容自体は基本的に一緒です。
この点が、保険会社によって内容が異なる火災保険とは大きく違うところです。
この保険は単独では加入できません。必ず、火災保険とセットで加入する必要があります。
現在火災保険を単独で加入している方は、ぜひ見直しをお勧めしたいところです。地震はいつ来るか分かりませんからね。
なお、この保険による補償額は、火災保険の補償額の半額と定められています。
これは、いざ地震が来ると先の震災のごとく被害が甚大となるため、できるだけ多くの人を救済するという観点から、1人あたりの補償額をある程度抑えざるを得ないという考え方に基づいています。
そのため最近では、「半額では補償が足らない」「共済の火災保険なので地震特約が少ない」等といったニーズに応えるべく、「地震補償保険」という新しいタイプの保険も生まれました。
こちらは火災保険に関係なく単独で加入できますので、興味のある方はチェックしてみると良いでしょう。地震保険に入っていますか?
先の東日本大震災を機に、この保険の重要性が見直されています。
この保険は、国と各損保会社が共同で補償を行う形となっています。
そのため、どこの保険会社で加入しても、補償の内容自体は基本的に一緒です。
この点が、保険会社によって内容が異なる火災保険とは大きく違うところです。
この保険は単独では加入できません。必ず、火災保険とセットで加入する必要があります。
現在火災保険を単独で加入している方は、ぜひ見直しをお勧めしたいところです。地震はいつ来るか分かりませんからね。
なお、この保険による補償額は、火災保険の補償額の半額と定められています。
これは、いざ地震が来ると先の震災のごとく被害が甚大となるため、できるだけ多くの人を救済するという観点から、1人あたりの補償額をある程度抑えざるを得ないという考え方に基づいています。
そのため最近では、「半額では補償が足らない」「共済の火災保険なので地震特約が少ない」等といったニーズに応えるべく、「地震補償保険」という新しいタイプの保険も生まれました。
こちらは火災保険に関係なく単独で加入できますので、興味のある方はチェックしてみると良いでしょう。