住宅火災保険

| 未分類 |

住宅火災保険は火災保険の一種で、住宅物件用(店舗ではなく)の保険です。
建物への補償と、家財への補償の2種類があります。
補償内容は一般に、火災・落雷・爆発事故・自然災害(風・ひょう・雪によるもの)となっていることが多いですが、特約という形で水災・飛来衝突事故・水漏れ事故・暴動による破壊・盗難など、様々な災難をカバーする保険商品もあります。
後者は正式には「住宅総合保険」と呼びますが、最近はむしろ特約付の火災保険が一般的になってきたことから、呼び方を区別せずに広く「火災保険」と呼ぶことも多いようです。
火災保険は、建物・家財とも一緒に加入するのが普通です。
保険料を気にして建物だけ加入・・・などというのはやめた方が良いでしょう。
例えば建物のみの加入で火災に遭った場合、建物については保険金が出ますが、家財の買い直しはすべて自腹になってしまうからです。
なお、建物と家財で、火災保険の契約先を分けることは制度上可能です。
住宅金融支援機構の特約火災保険を契約している方は、家財の補償が契約には含まれていませんので、家財のみの火災保険に別途加入しておくと安心ですね。
また、火災保険にはオプションで地震保険をつけることができます。
こちらもぜひ、つけておくことをお勧めします。
地震による火災は火災保険は適用されず、地震保険でないとカバーできませんのでご注意ください。
住宅火災保険は火災保険の一種で、住宅物件用(店舗ではなく)の保険です。
建物への補償と、家財への補償の2種類があります。
補償内容は一般に、火災・落雷・爆発事故・自然災害(風・ひょう・雪によるもの)となっていることが多いですが、特約という形で水災・飛来衝突事故・水漏れ事故・暴動による破壊・盗難など、様々な災難をカバーする保険商品もあります。
後者は正式には「住宅総合保険」と呼びますが、最近はむしろ特約付の火災保険が一般的になってきたことから、呼び方を区別せずに広く「火災保険」と呼ぶことも多いようです。
火災保険は、建物・家財とも一緒に加入するのが普通です。
保険料を気にして建物だけ加入・・・などというのはやめた方が良いでしょう。
例えば建物のみの加入で火災に遭った場合、建物については保険金が出ますが、家財の買い直しはすべて自腹になってしまうからです。
なお、建物と家財で、火災保険の契約先を分けることは制度上可能です。
住宅金融支援機構の特約火災保険を契約している方は、家財の補償が契約には含まれていませんので、家財のみの火災保険に別途加入しておくと安心ですね。
また、火災保険にはオプションで地震保険をつけることができます。
こちらもぜひ、つけておくことをお勧めします。
地震による火災は火災保険は適用されず、地震保険でないとカバーできませんのでご注意ください。
住宅火災保険は火災保険の一種で、住宅物件用(店舗ではなく)の保険です。
建物への補償と、家財への補償の2種類があります。
補償内容は一般に、火災・落雷・爆発事故・自然災害(風・ひょう・雪によるもの)となっていることが多いですが、特約という形で水災・飛来衝突事故・水漏れ事故・暴動による破壊・盗難など、様々な災難をカバーする保険商品もあります。
後者は正式には「住宅総合保険」と呼びますが、最近はむしろ特約付の火災保険が一般的になってきたことから、呼び方を区別せずに広く「火災保険」と呼ぶことも多いようです。
火災保険は、建物・家財とも一緒に加入するのが普通です。
保険料を気にして建物だけ加入・・・などというのはやめた方が良いでしょう。
例えば建物のみの加入で火災に遭った場合、建物については保険金が出ますが、家財の買い直しはすべて自腹になってしまうからです。
なお、建物と家財で、火災保険の契約先を分けることは制度上可能です。
住宅金融支援機構の特約火災保険を契約している方は、家財の補償が契約には含まれていませんので、家財のみの火災保険に別途加入しておくと安心ですね。
また、火災保険にはオプションで地震保険をつけることができます。
こちらもぜひ、つけておくことをお勧めします。
地震による火災は火災保険は適用されず、地震保険でないとカバーできませんのでご注意ください。
住宅火災保険は火災保険の一種で、住宅物件用(店舗ではなく)の保険です。
建物への補償と、家財への補償の2種類があります。
補償内容は一般に、火災・落雷・爆発事故・自然災害(風・ひょう・雪によるもの)となっていることが多いですが、特約という形で水災・飛来衝突事故・水漏れ事故・暴動による破壊・盗難など、様々な災難をカバーする保険商品もあります。
後者は正式には「住宅総合保険」と呼びますが、最近はむしろ特約付の火災保険が一般的になってきたことから、呼び方を区別せずに広く「火災保険」と呼ぶことも多いようです。
火災保険は、建物・家財とも一緒に加入するのが普通です。
保険料を気にして建物だけ加入・・・などというのはやめた方が良いでしょう。
例えば建物のみの加入で火災に遭った場合、建物については保険金が出ますが、家財の買い直しはすべて自腹になってしまうからです。
なお、建物と家財で、火災保険の契約先を分けることは制度上可能です。
住宅金融支援機構の特約火災保険を契約している方は、家財の補償が契約には含まれていませんので、家財のみの火災保険に別途加入しておくと安心ですね。
また、火災保険にはオプションで地震保険をつけることができます。
こちらもぜひ、つけておくことをお勧めします。
地震による火災は火災保険は適用されず、地震保険でないとカバーできませんのでご注意ください。
住宅火災保険は火災保険の一種で、住宅物件用(店舗ではなく)の保険です。
建物への補償と、家財への補償の2種類があります。
補償内容は一般に、火災・落雷・爆発事故・自然災害(風・ひょう・雪によるもの)となっていることが多いですが、特約という形で水災・飛来衝突事故・水漏れ事故・暴動による破壊・盗難など、様々な災難をカバーする保険商品もあります。
後者は正式には「住宅総合保険」と呼びますが、最近はむしろ特約付の火災保険が一般的になってきたことから、呼び方を区別せずに広く「火災保険」と呼ぶことも多いようです。
火災保険は、建物・家財とも一緒に加入するのが普通です。
保険料を気にして建物だけ加入・・・などというのはやめた方が良いでしょう。
例えば建物のみの加入で火災に遭った場合、建物については保険金が出ますが、家財の買い直しはすべて自腹になってしまうからです。
なお、建物と家財で、火災保険の契約先を分けることは制度上可能です。
住宅金融支援機構の特約火災保険を契約している方は、家財の補償が契約には含まれていませんので、家財のみの火災保険に別途加入しておくと安心ですね。
また、火災保険にはオプションで地震保険をつけることができます。
こちらもぜひ、つけておくことをお勧めします。
地震による火災は火災保険は適用されず、地震保険でないとカバーできませんのでご注意ください。
住宅火災保険は火災保険の一種で、住宅物件用(店舗ではなく)の保険です。
建物への補償と、家財への補償の2種類があります。
補償内容は一般に、火災・落雷・爆発事故・自然災害(風・ひょう・雪によるもの)となっていることが多いですが、特約という形で水災・飛来衝突事故・水漏れ事故・暴動による破壊・盗難など、様々な災難をカバーする保険商品もあります。
後者は正式には「住宅総合保険」と呼びますが、最近はむしろ特約付の火災保険が一般的になってきたことから、呼び方を区別せずに広く「火災保険」と呼ぶことも多いようです。
火災保険は、建物・家財とも一緒に加入するのが普通です。
保険料を気にして建物だけ加入・・・などというのはやめた方が良いでしょう。
例えば建物のみの加入で火災に遭った場合、建物については保険金が出ますが、家財の買い直しはすべて自腹になってしまうからです。
なお、建物と家財で、火災保険の契約先を分けることは制度上可能です。
住宅金融支援機構の特約火災保険を契約している方は、家財の補償が契約には含まれていませんので、家財のみの火災保険に別途加入しておくと安心ですね。
また、火災保険にはオプションで地震保険をつけることができます。
こちらもぜひ、つけておくことをお勧めします。
地震による火災は火災保険は適用されず、地震保険でないとカバーできませんのでご注意ください。
住宅火災保険は火災保険の一種で、住宅物件用(店舗ではなく)の保険です。
建物への補償と、家財への補償の2種類があります。
補償内容は一般に、火災・落雷・爆発事故・自然災害(風・ひょう・雪によるもの)となっていることが多いですが、特約という形で水災・飛来衝突事故・水漏れ事故・暴動による破壊・盗難など、様々な災難をカバーする保険商品もあります。
後者は正式には「住宅総合保険」と呼びますが、最近はむしろ特約付の火災保険が一般的になってきたことから、呼び方を区別せずに広く「火災保険」と呼ぶことも多いようです。
火災保険は、建物・家財とも一緒に加入するのが普通です。
保険料を気にして建物だけ加入・・・などというのはやめた方が良いでしょう。
例えば建物のみの加入で火災に遭った場合、建物については保険金が出ますが、家財の買い直しはすべて自腹になってしまうからです。
なお、建物と家財で、火災保険の契約先を分けることは制度上可能です。
住宅金融支援機構の特約火災保険を契約している方は、家財の補償が契約には含まれていませんので、家財のみの火災保険に別途加入しておくと安心ですね。
また、火災保険にはオプションで地震保険をつけることができます。
こちらもぜひ、つけておくことをお勧めします。
地震による火災は火災保険は適用されず、地震保険でないとカバーできませんのでご注意ください。
住宅火災保険は火災保険の一種で、住宅物件用(店舗ではなく)の保険です。
建物への補償と、家財への補償の2種類があります。
補償内容は一般に、火災・落雷・爆発事故・自然災害(風・ひょう・雪によるもの)となっていることが多いですが、特約という形で水災・飛来衝突事故・水漏れ事故・暴動による破壊・盗難など、様々な災難をカバーする保険商品もあります。
後者は正式には「住宅総合保険」と呼びますが、最近はむしろ特約付の火災保険が一般的になってきたことから、呼び方を区別せずに広く「火災保険」と呼ぶことも多いようです。
火災保険は、建物・家財とも一緒に加入するのが普通です。
保険料を気にして建物だけ加入・・・などというのはやめた方が良いでしょう。
例えば建物のみの加入で火災に遭った場合、建物については保険金が出ますが、家財の買い直しはすべて自腹になってしまうからです。
なお、建物と家財で、火災保険の契約先を分けることは制度上可能です。
住宅金融支援機構の特約火災保険を契約している方は、家財の補償が契約には含まれていませんので、家財のみの火災保険に別途加入しておくと安心ですね。
また、火災保険にはオプションで地震保険をつけることができます。
こちらもぜひ、つけておくことをお勧めします。
地震による火災は火災保険は適用されず、地震保険でないとカバーできませんのでご注意ください。